ゅぃゅぃ日記

声優、小倉唯さんを応援しています。

久石奏について

※ネタバレを含みます

 先ず認識スべきは、この物語の「努力の成果が実らない」という残酷かつ判然とした結末についてです。舞台となる北宇治高校吹奏楽部は昨年、吹奏楽コンクールの「全国大会出場」という大きな目標を掲げ、見事にそれを達成しました。劇場版はその翌年、主人公の黄前久美子が二年生となったところからスタートします。

 新たに部長に就任した吉川優子は、部のさらなる躍進を志し、「全国大会〈金賞〉」という目標を高らかに宣言します。発破をかけられた部員たちは、共通の目標へ向けて邁進し、苛酷な練習や困難をひとつずつ乗り越えていきます。当然、部員たちの感情が衝突する事件もいくつか起きました。それでも着実にその実力を伸ばし、最高のメンバーで迎えた吹奏楽コンクール。ですが、北宇治高校は健闘及ばず「関西大会で敗退」してしまう、というのが物語の大筋です。

 しかしながら、この作品の素晴らしいところは、必死で努力を続けてきた彼女らに訪れる「努力の成果が実らない」という結末にこそ見いだせるものであることでしょう。その絶望の淵から生じる部員たちの複雑な「感情の機微」「精神的な成長」を見事に描ききっている点にこそ、この作品の素晴らしさ、青春を謳歌する少女たちの尊さが表れているとボクはつよく感じました。

 そんなわけで、この記事では、本作のサブ主人公(攻略対象ヒロイン?)と言っても過言ではない久石奏に生じた複雑な「感情」についての理解を深めていきたいと思います。他のキャラクターたちも魅力的ですが、奏が好きなので奏について話します。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』PV 面倒くさい後輩編


基礎知識

 この作品で描かれている久石奏の性格、とりわけその特性を一言で言うなれば「自己保身」になるかと思います。表面的には良い後輩を演じ、常に一歩引いて周りに敵を作らない*1。そのような立ち居振る舞いを意識的に心がけています。

 この特性が一番如実に顕れているのは、久美子に相談を持ちかけた奏が「一年前のオーディションでは、ソロパートの座をめぐって揉め事が発生したと聞いたが、それは本当なのか?」と詰め寄ったシーンです(以後、登場する台詞はうろ覚え)。久美子は「そんなに気になる?」とはぐらかそうとしましたが、それについて奏は、「私にとっては、一番大切なことかもしれません」と、事実関係について深く追求しました。それは、このオーディションに纏わる騒動が、奏が中学時代に受けた「心的外傷」について、深く関わってくる事柄だからです。

 久石奏は、中学二年生のとき、部内のオーディションで先輩を差し置いてユーフォニアムの奏者として選ばれました。奏には、それに見合うだけの実力があったからです。奏は、「先輩の分まで頑張るんだ」「絶対に〈金〉を取るぞ」「自分が良い演奏をすれば、先輩も皆も喜んでくれる」と、信じてひたむきに努力を続けてきました。しかし、コンクールでの結果は残念ながら銀賞止まり。その結果を受けて、ずっと頑張ってきた奏に投げかけられた周囲の言葉は、労いや励ましではなく、「こんな結果になるのなら、(三年間)努力し続けてきた先輩が吹けば良かったのに」といった心無いものでした。その言葉は、奏の費やしてきた努力を否定し、その価値観を大きく毀損してしまいました。

 そのような過去を踏まえると、冒頭の楽器室で久美子と奏が初遭遇するシーンにも趣が出てきます。

f:id:hetyo525:20190521232620p:plain
久美子の足元に視線を向ける奏

 先輩が残してくれた楽曲『響け!ユーフォニアム』を大切にしていると語る久美子。そんな温厚篤実そうに映る久美子に「優しいんですね」と応じる奏には、「ここでならきっとやり直せる(次は選択を間違えない)」という期待と決意が生じていたのではないでしょうか。このシーンでは、人間性を推し量ろうとする奏の「視線の動き」がとても丁寧に描かれていると思います。奏との距離感に配慮した久美子が「一歩引く」、その足元に視線を向ける奏の姿がとりわけ印象的でした。


さっちゃんみっちゃん事件

 さて、上述した心的外傷を抱え、自己保身のために仮面を貼り付け他者との間に明確な境界線を引く、本心を不用意にさらけ出さない奏ですが、本作では、その奏が感情を発露させるできごとが、久美子を巻き込む形で大きく分けてふたつ描かれています。そのひとつが、鈴木さつきと鈴木美玲の関係性から生じる『さっちゃんみっちゃん事件』*2です。

 鈴木さつきと鈴木美玲は、同じ小学校出身の幼馴染。北宇治高校の吹奏楽部で偶然の再会を果たしました。しかし、美玲はどうしたことか、さつきに対してつれない態度、怒りの感情ばかりをぶつけてしまいます。ふたりは同じチューバの奏者ですが、まだまだ未熟なさつきは実力を補うために居残り練習に励み、優秀な美玲は我関せずの定時帰宅。一緒にいる時間が必然的に増えていくさつきが先輩たちと打ち解けてゆく一方で、口数も少ない美玲は次第に低音パートから孤立してしまいます。それを見かねた久美子は、同じ一年生の奏に孤立した美玲への扶助を求めるのですが、奏はどうやら全ての事情を察した上で、美玲と他者との関係に干渉することを避けているようでした。

 実際、奏は別の方法で美玲を救おうとしていました。それは、美鈴の境遇への共感と、彼女の行動・感情の肯定です。奏は、美鈴の耳元で「私は美玲の方が好き」と小悪魔的な微笑を浮かべながら甘い言葉を囁きます。頑張っているのはさつきではなく美玲の方。美鈴は悪くない。悪いのは、さつきのことばかり贔屓する周りの人間ではないか。黄前先輩もそう思いますよね?

f:id:hetyo525:20190521231758j:plain
界隈で「DLsite の女」と呼ばれているカット

 しかし、この事件は、久美子が類稀なる人身掌握術を用いて美玲を説得し「本当は変わりたかった」と願う美玲の本心を吐露させることにより、奏の思惑・期待を裏切る形で終息します。美玲のよくわからない憤りの正体は、「変わりたかった」という感情が本心であるわけですから、変われない自分への行き場のない苛立ちが、自己を納得させるために矛先としてさつきや先輩の葉月に向いていた、と考えて良いでしょう。*3

 わだかまりを解消した美玲は、それ以降吹っ切れて、先輩やさつきとの関係性を良好なものとして育んでゆくことになる……のですが、どうやら奏はその結末にかなりご不満なご様子です。奏は、「美玲が変わる必要なんてなかった」「だって美玲は正しいから」と、久美子に対して苛立ちを隠すことなく示しています。

 感情的になるということは、この弁明が奏の重要な「価値基準」になっていることを意味します。ここで言う「美玲の正しさ」とは、「実力のあるものが報われるべきであり、そのものが(実力の劣っているものに)譲歩して、自分を曲げてまで他者に迎合するのは間違っている」という態度のことです。実力主義を貫いて他者に迎合しない態度の肯定は、過去に否定された奏の屈辱を晴らすことに繋がります。要するに、美玲を肯定することで、自分自身を肯定したかったのではないでしょうか。

 このシーンは、光と影の演出が明るい方へと歩み始めた美玲と、暗闇にひとり取り残される奏との対比を暗喩的に表現していて大変素晴らしく思いました。その暗澹たる奏の心情、奏が「正解」だと信じていた価値感の否定は、ふたつめの事件へと波及していきます。


オーディション手抜き事件

 「なんなんですかあの人は!プライドというものがあるでしょう!」と声を荒げ、黄前相談所の門を叩いたのは久石奏でした。普段の猫を被った態度はどこへやら、他者を惑わす小悪魔的な笑顔も、真意を隠す天使のような微笑みも、そのときの奏には貼り付いていません。もう夏紀の態度には我慢ならないと言わんばかりの剣幕で、煮えたぎった胸の内を久美子にぶちまけます。ふたつ目の事件は、久石奏から中川夏紀に向けられた「感情の拗れ」に由来する一連の騒動です。

 奏は、常日頃から夏紀に気を許してはいませんでした。露骨な態度の差を以って夏紀とは距離を置き、お気に入りの久美子先輩にべったりです。それは、先輩である夏紀の実力が、自分より劣っていると奏が気づいてしまったからでしょう。その事実は、奏が深く傷つけられた過去の出来事と重なる不安因子そのものを意味します。夏紀の実力が奏より劣っている限り、過去の再来が奏の脳裏には過り続けることでしょう。夏紀との接触を極力避けるという行動は、問題の先送りといいますか、ある種の逃避行動だったのではないかと考えます。

 そのような不安が奏に渦巻き、オーディションも差し迫ってきたある日、課題曲でどうしても吹けない箇所のある夏紀は、自分より上手に演奏のできる奏に教えを請うたわけですが、そのことが、奏のナイーブナ神経を逆なでしてしまいます。「夏紀先輩はいい人だから、学年とか気にしてないんだよー」と諭す久美子に対し、「そんなの、困ります…」となんともバツの悪そうな表情を浮かべる奏。

f:id:hetyo525:20190522073042p:plain
界隈で「久石奏セット」と呼ばれている食物

 奏のいう「プライド」とは、自己と他者を比較して、「上/下」、「優/劣」を格付けることにより生じる感情のことを指しています。美玲の方がさつきより優れている、にもかかわらず、なぜ美玲の方が合わせなければならないのか。後輩に教えを請うなんて、夏紀は劣等感で恥ずかしくならないのか(自分なら恥ずかしくて許せない)*4、など、そのような「傲慢さ」が多分に含まれています。一方の夏紀は、相手と自分の距離感や関係性を、能力や環境の優劣で判断していません。むしろ、自分の欠点を受け入れているからこそ、自分より優れている奏に対して教えを請うことができると言えるでしょう。つまり、「久石奏」⇔「中川夏紀」は「傲慢(Pride)」⇔「自尊心(self-esteem)」という対立になっています。自己と他者の違いを気にする奏にとって、夏紀の自己受容的な価値観は、到底受け入れられないというわけです。

 さて、ここまで示してきたとおり、奏には過去におった「心的外傷」があり、これを避けなければなりません。実力主義が正しいという価値観(奏の思い込み、高慢さ)は、他者に迎合し自分を変えていこうとする美玲に否定されてしまいますし、夏紀は演奏が下手くそなくせに、そのありのままの現状を受け入れた上で、奏に対して優しく接してきます。精神的に追い込まれた奏が、悩んだ末にオーディションで選択した行動は、「わざと下手に吹いて夏紀を合格させる」といったものでした。そのことに気がついた夏紀は大激怒。オーディションの最中だというのに試験会場である音楽室に乱入し、一方的な言い分で顧問の滝に奏の試験延期の承諾を得た夏紀は、嫌がる奏の手を引いて校舎裏へと連れ出します。

 「先輩二人がかりでリンチですか?」と強がってみせる奏ですが、そのような挑発で夏紀の追求は収まりません。「あんたが本気で演奏すればあたしより上手になるからわざと手を抜いた。それがどれだけ失礼なことか!」、「次に手を抜いた演奏したら、あたしはオーディション降りるから!」と畳み掛ける夏紀。唖然とする奏。このシーンには、夏紀の価値観と奏の価値観の相違がよく顕れているように思います。オーディションで手を抜いたことに合理的な理由をつけられなくなった奏は、過去におった心的外傷に由来する本音を絞り出すように白状し始めます。

 「下手な先輩は存在自体が悪です」という強烈なセリフには、オーディションには受かりたい「プライド」と、オーディションを捨て、心的外傷を抉るリスクを避けたい「自己保身」という二律背反な感情で苦しんでいる奏の胸の内が浮き彫りになっているように感じました。どちらを選んでも納得できるわけがない。でも、自分の身は守りたい。傷つきたくない。否定されたくない……。さらに言えば、努力の価値を毀損された経験のある奏には、夏紀の努力が実ってほしいという複雑な感情もあったのではないでしょうか。

 その象徴的なシーンとして、放課後一人で居残りひたむきに練習し続ける夏紀を、奏が遠目から見つめるシーンが挙げられます。このときの奏の心情としては、夏紀の努力を否定することへの躊躇いが生じていたのではないかと思います。だからこそ、そのように「正解」が見つからず、選択に戸惑いが生じ、ぐちゃぐちゃになっている奏の心境、その葛藤の因子たる夏紀の「存在自体が悪」ということになるのでしょう。

 奏が言及したとおり、過去に部員たちの間でソロパートの奏者を巡っていざこざが起きたこと自体は事実です。「今の北宇治は違う。そんなこと言う人はいない」そう口だけで否定することは簡単です。しかしながら、そのようにならないという保証はどこにもありません。奏は恐れていたのだと思います、過去の過ちの繰り返しを。自らの努力の否定を。頑張っても結果なんて出ないかもしれない、それどころか、馬鹿正直に頑張ってきたものが糾弾される恐れすらあるではないか。そのような絶望、暗澹の中で、漫然と足掻き続けることに果たして価値はあるのだろうか。そんな奏から久美子に向けられる問いかけに答えようという試みが、この映画の「主題」といえる部分ではないでしょうか。


頑張るって、なんですか?

 これに対する久美子の返答には、奏だけでなくボクも救済されたかのような気持ちが生じました。正直このシーンが癖になりすぎて、何度も映画館に足を運んだような気がします*5。「頑張っても何にもならない、そんなのはよくある話だ。私だって怖いし、なんにもならなかったらどうしようっていつも不安でしょうがない!それでも、北宇治高校の為には、奏ちゃんが吹くべきなんだ!」、という一連の久美子の叫び、その内容自体に説得力はあまりなく、久美子への共感こそあれど奏の抱えている絶望に立ち向かうには材料が足りていないように感じます。

 しかし、その後に続く「私と夏紀先輩が、絶対奏ちゃんを守るから!」という発言は、奏に纏わりつく不安(過去の再来)を払拭し、身の安全を保証してくれるものです。その発言に強度を持たせるかのように、久美子は、奏の今までの頑張りを褒め称えます。「だって、奏ちゃんは頑張ってるじゃん。そんな上手く吹けるのは、ずっとずっと頑張ってきたからだよね?」……と。

f:id:hetyo525:20190522072756j:plain

 久美子の発言は、奏の費やしてきた努力を肯定し、その価値を認めてくれるものです。自己保身の為に貼り付けていた仮面はその役割を失ったと言って良いでしょう。劇中ではユーフォ三人とも合格という平和的なルート分岐でしたが、きっとオーディションの結果がどのようなものだとしても、奏はありのままの事実を受け止めることができるようになっていたと思います。『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』は、「久美子や夏紀からの承認を受け入れることにより、奏が自尊心を育む物語」というのがボクなりの解釈です。繰り返しておきますが、ここでいう自尊心とはプライドのことではなく、中川夏紀が持つような「自己を受容していく前向きな態度」のことです。この物語の結末は冒頭で示したとおり、努力の成果は実りません。しかしながら、帰りのバスの中で久美子が奏に話しかけるラストのシーン、その一番最後に奏が発した「悔しくて死ぬそうです」の一言に、奏の自尊心、精神的な成長を感じ取ることができるのではないでしょうか。






*1:とはいえ、奏が求に対してだけ態度がめちゃめちゃでかいのはなんでなのでしょうね?奏の信念に相反する部分があり、到底許容できないとかでしょうか

*2:ボクが勝手にそう呼んでいるだけです。

*3:無邪気さの権化のような鈴木さつきは、変わりたい美玲を縛り付ける「過去」として、とりわけ象徴的に描かれています。しかし、なぜ美玲は初めからさつきにあたりが強かったのか?というのはずっと疑問として残っています。最初に楽器の希望者を募る描写では、過去の美玲を知るさつきの存在に当惑する美玲の気持ちをつゆも知らず、無邪気なさつきは「同じチューバで美玲と吹ける!」と喜んで美玲を低音パートへと強引に引き入れてしまいますが、この出来事が、美玲にとっては「変わろうとする自己」への妨害、「幸先を崩された」と捉えられる出来事だったのかもしれません。そして、美玲の理想(先輩とイチャイチャする)にさつきが当然のように収まっていたからこそ、美玲はさつきに嫉妬していたのではないでしょうか。

*4:サンライズフェスティバルの練習中、奏は「中川先輩、焦らないで構いません。音がたまに走っていますよ?」と挑発するようなセリフを吐いていました。これには、夏紀の「プライドの有無」を確認する意味があったのかもしれません。しかしながら、夏紀の示した反応は、奏の期待にそぐわないものであり、フラストレーション・ポイントが加算されていたものと思われます。

*5:13回行きました。女性声優の舞台挨拶を除いて一つの映画にこれだけ通ったのは初めてでした。