ゅぃゅぃ日記

声優、小倉唯さんを応援しています。

C93土曜(2日目)F48a「これになりたい」です。

本がなんとか出そうなのでブログでも告知しておきます。

お品書き

  • 小倉唯さん、高野麻里佳さんの演じられたキャラのイラストと文字の本(100円)
  • 声豚ポエム(おまけ本)

f:id:hetyo525:20171225044812p:plain ページ数は期待しないでください。。。

f:id:hetyo525:20171225044827p:plain 今から書きます。

言い訳など

12月は毎週末、女性声優のイベントが予定されており、これは何事にも先立って優先される事項であるため、創作活動に時間を割くことが叶いませんでした(知ってた)
また、絵を描いていると以前の絵が低レベルなものに思えてくる、というのを繰り返すことになり、それなりの枚数をそれなりにボツにしています。
これはもう、ボクの自尊心の話しになるので、ペラペラなのは許してください、夏はもっと素敵なものを出しますので比較いただければ幸いに存じます。

さて、内容について少し補足を。

今年一年は、過去と比較しても声優オタクとしてとても充実した一年でした。お品書きからも察することができるかと思いますが、このブログの主題、声優: 小倉唯さんの他に「高野麻里佳」さんという女性声優さんについて、本書では(特におまけ本で)多々触れさせていただく予定でおります。Twitterなどでは、よく「小倉唯さんのことはもういいのですか?」などと「お前は善の心を失い発現した悪魔か???」と思うような心なきリプライを受けることがあるのですが、誤解なきように、というとそれもちょっと違くて、ゆいかおりの解散騒動で複雑な心理状態に陥っていたので……というのを引き合いに出すのはズルいよな、と思ったり……まぁぶっちゃけ何も考えてないんですが。つらいことを考えるのは脳に良くないことが知られており……などと、言い開きはいくらでもできるわけですが、このあたりの話は気持ちがまとまってないので一切触れていません。そんなの書いても無益だろうし。

では有益とはなにか、という話ですが、とにかく、ボクのオタクとしての姿勢は「良いものは良い」ということを主張したくて、そりゃあ小倉唯さんに「ゆいだけに専念してください!」ってお願いされちゃったら、それはそう、なのですが、他のオタクの視線とかを気にして「愉しいこと」や「女性声優のシンデレラストーリー」を見逃してしまうことはとても哀れに思うわけです。というわけで、高野麻里佳さんの話しを声豚ポエムの方、つまり文章で、応援しだしたきっかけ、そして、半年を経過した今の声優オタクとしての心境などを言語化して残せたらいいな、と思っています。ブログに書くにはゆいゆいの表題に反する、ということで同人誌という形で残しておこう、というわけですが、ここ一年、このブログには気が向いたときにアニメの乱文を投げ捨てていただけでしたね。

並ばず買える弱小サークルのなので、現地にいるよーって人は、ちょっと立ち寄ってみてくだされば嬉しく思います。それでは文章を書きます。。。