ゅぃゅぃ日記

声優、小倉唯さんを応援しています。

「ゆいはたち」発売記念サイン会に参加しました

小倉唯写真集「ゆいはたち」発売記念サイン会に参加したのでその体験を書きます。

小倉唯さんのサイン会が開催されるのは二回目で、前回は高校卒業記念写真集『yui memory』発売記念サイン会でした。期間にすると約2年振りとなります。

ボクはオタクなので、前回応募したときより多くの写真集を購入しました。
これはボクに経済力が備わったのではなく、実態は極めて雑に貯金を破壊しまくっている感じです。なので、はやく真っ当な人間になる必要があります。

さて、今回のサイン会に際しては、心構えといいますか、以下の文脈があります。

── "お渡し会" などお客さんとの距離が近いイベントで気をつけていることはありますか?

お渡し会では、一度来て私に会ってくれた人はずっと私の事を応援してくれるくらいに好きになってもらいたい!と思っています。気持ちが一番つたわるのは "目" からだと思っているので、そんな気落ちでお客さんの目を見て「気持ちを伝えるぞ!」と思って。

出典: イベンターノートが声優にインタビューしてみました データと生の声で探る声優イベントの世界 *1 https://www.amazon.co.jp/dp/B01GPI6VD0/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_ZygUxbE0YR52E

www.instagram.com

このインタビューを読んだとき、「小倉唯さんに至近距離で見つめられると恥ずかしくなり視線を逸らしてしまう」というはにかみ屋さんな自分に気づき、今回こそはそのような失態を演じるわけにはいかないと心に誓いました。以下、記憶からなんとなく再現した会話の内容です。

ボク「こんにちは~」
ゆい「(サインする名前を確認しながら)…《ボクの下の名前》しゃん!」
ボク「はい!」
~ たぶんいつもありがとうございますーいえいえーみたいな会話 ~
>ボク「桐生にあるんですけど、コロリンシュウマイって食べたことありますか?」
ゆい「あ~!あるよー!コロリンシュウマイ!(返答を終えたのでサインに戻ろうとする)」
ボク「この間群馬行ったときに食べたんですけど、あれ本当に餃子?間違えた、シュウマイの味しますよね~」
ゆい「(視線を上げて)えっ、あれシュウマイじゃないの???」
ボク「んー、なんかデンプン?でできてるみたいですよ~」
ゆい「(サインを書き終わって)へー!そうなんだ~(めっちょ見つめられる)」
ボク「(内心ドギマギしつつ視線を逸らさないように維持)いつも応援してます~!がんばってください~!」
ゆい「ありがとう~!またね~(こちらが視線を外すまで見つめ続けている)」




f:id:hetyo525:20160820232642j:plain あぁ……許されることなら時間を止めて一生このまま無言で見つめ合っていたいとさえ思える尊い体験でした。 小倉唯さんの目ヂカラは本当にすごくって、人並みであれば貴方の意識はすべてあの魅惑の瞳に吸い込まれることでしょう。
頭が真っ白になり、ろくに感謝を伝えることもできなかったわけですが、今回は早起きしてお手紙にすべてを認めたので良しとします。多分読み返すと死にたくなる内容なので忘れることにします。

ちなみに "コロリンシュウマイ" とはこれです。  

 桐生名物!コロリンシュウマイ

味はシュウマイで、美味しいかと言われるとシュウマイだなーって感じです。

以下、その他簡易メモ

  • イベントは一回回し(複数部制ではない)
  • 参加者は170名程、内訳 = 13 * 11 + 13 * 2 (横: 13, 縦: 11列, 遅刻 : 13 * 2 くらい)
    • 男女比率は体感で 2:8 くらい
  • 内容はサイン会のみ。トークなどなかったのは残念
    • 応募要項, イベント内容を読んでなかったのでトークあると勘違いしてた
  • オタク座席エリアと小倉唯さんとのコミュニケーションエリアの間には、保健室にあるような仕切りが設置されている
    • 以前は入場が後ろであるほど小倉唯さんを見続ける時間があったので、これはフェアだなと思った
    • ただし、仕切りのあちら側に小倉唯さんがいるという曖昧な情報に曝され続ける空間は生殺し感が強く鋼の心臓が必要
    • 小倉唯さん登場時も仕切りにより姿が見えない(実存しているのか?)といった状態になるのはとてもつらい
  • サインは本名の姓/名どっちか
  • 前回は未開封の写真集を持参し時間稼ぐマンがいたので「開封して表紙カバーも取るように」とお達し
  • 対話可能時間は一人あたり 15~20秒
    • 一人 10秒増えるだけで 1700秒 ≒ 28分伸びるわけで、まぁむずかしいですね
    • 緊張を紛らわすために他のオタクの対話時間を無心でカウントし続けるしかなかった
    • 上記時間を大きく外れるオタクは観測範囲内では存在していない
  • キングの偉いっぽいおっさんがオタクに鋭い眼光を向けていた
    • けど、たま~にオタクと小倉唯さんの交流を眺め、めっちゃ優しい笑顔向けてたから多分いい人
    • サイン会の様子をあいぴょんで撮影していたので多分キングの人
  • そういや前回あったボディチェック無くなってて治安良い感じがした
  • 小倉唯さんは宇宙一かわいいなぁ~~~ということを再認識できて益があった

小倉唯写真集「ゆいはたち」 (TOKYO NEWS MOOK)

小倉唯写真集「ゆいはたち」 (TOKYO NEWS MOOK)

おしまい

*1:インタビューの一部がこちらで公開されています http://on-deck.jp/archives/20154153