ゅぃゅぃ日記

声優、小倉唯さんを応援しています。

城下町のダンデライオンファン感謝祭に行った

私はひとつ、皆さんに能力を使いたいと思います。今日家に帰ったら、Twitterでも、ブログでも、お手紙でも、口頭でも、何でもいいので、誰かに「城下町のダンデライオンはいいよ」と伝えてあげてください。
CV: 茅野愛衣


──上記は1月24日に開催された「城下町のダンデライオン」ファン感謝祭の夜公演に於いて、茅野愛衣さんにより発せられたイベントの締めくくりに相応しい非常に尊い御言葉である。少し解説をすると、城下町のダンデライオンとは全員が特殊能力を持つ王家の家族愛を描いた春日歩先生の漫画であり、茅野愛衣さんは王族の長女である櫻田葵様を演じられている。ダンデライオンコンテンツの良さの宣伝を強いられることは、その特殊能力と密接に結び付いているのである(ネタバレ)

しかしながら、ボクは茅野愛衣さんの特殊能力に掛かりこの投稿を書こうと思ったのではない。能力に掛かったというよりは、茅野愛衣さんがそのような発言をしたという事実に感銘を受け、それを伝えなければ、と思い眠気眼をこすりながらキーを猛烈にタイプしている。*1 とはいえ、あの瞬間は間違いなく誰もが茅野愛衣さんの能力に掛かり、虜になり、従順なオタクと化していた。TwitterのTLには「城下町のダンデライオンはいいぞ」が溢れかえり、イベント帰りのファンたちは情報を共有しようと躍起になって投稿を重ねたものだ。

ボク自身あんまりできていないのだけど、ブログや最低でもTwitterにはしっかり感想を示せ、ということを身勝手に知り合いに押し付けていて、というのも、「解釈可能性(声優に対する見方や考え方)」が当然の如く各々違うためというのがある。人それぞれ、声優という存在をどのように位置づけているか、どこに重きを置いているか、どう接しているか、という明確な違いがあるからである。ボクは極めて純朴に声優を解釈しようと努めてはいるが、ポエムを書いてしまうくらいには拗らせているのでやや狭窄気味という感じが拭えない。加えてボクは記憶障害が激しいので、他のオタクの感想で記憶を補完する行為が無くては生活が成り立たない。これは本当に重要なプロセスとして位置づけられている。他のすべてを差し置いて足繁くイベントに通っているはずなのに、基本的に何にも憶えていなくって、オタクと会話をしていても「○○のとき△△だったよね?」と聞かれ、「えっ?そんなのあったっけ?」と返答してお叱りを受けたり、他のオタクが熱弁し理解し合っているらしい史実がボクとしては「改変では?」と思ってしまうレベルで何も記憶に残っていない。女性声優の名前くらいしか暗記できない。そんな状態であるため、自分自身記録を残しておく、というのは早急に取り組むべき課題であると認識している。

繰り返しになるけどイベントの感想を各方面に伝えるの、本当に重要なことだと思っていて、コンテンツの推進に加担するのは「あの人が良いって言ってるから良さそう」っていう皮下注射モデルみたいな嘘みたいに単純な部分が単純なオタクに作用するんじゃないかなって*2。でもなかなかにできなくて、というのも、ろくな文章が書けないというのがあるんだけど、とりあえずTwitterから、というのは割りと簡単だと思っていて、深く考えず以下のような投稿をしている。









*3

オタク構文便利で、頭が悪くなると言われはするんだけど、記憶が喪失する前にアウトプットする用途としては極めて優れていて、基本的に体言止めで何についての話題なのか示し、~なんだけど、~で、~し、~だったすごかった。みたいに事実を羅列して、文章の接続は、とにかく雑な言葉で高速に結びつけて頭の物を吐き出すことだけに集中できる、というのが便利。真面目な文章を書きたかったらあとで一生ブログでも書いていれば良いし、用途が違う文法なので習得しておいて損はないと思う。ブログも意気込んで校閲、校正、再構築しまくると沼になってそのままお蔵入りしたりするので、城下町のダンデライオン夜公演で石原夏織さんが掲げたマニフェスト*4に従って「ふわっとした感じ」でやってゆくのが良さそう。


話を戻そう、……えーっと、小倉唯さんの話だったかな。
冒頭で茅野愛衣さんを褒めちぎってみたけど、ここを足がかりとして城下町のダンデライオンに於ける小倉唯さんについて語ってゆきたい気持ちである。ボクはあらゆる声優さんを尊い存在として位置付け敬ってはいるが、やはりナンバーワンはいつだって小倉唯さんなのである。櫻田光ちゃんはかわいいし、ぜったい【第3回次期国王国民投票】では一位に輝いてセクシーな下着姿になってほしいと願ってやまない。*5

とはいえ、既に時刻は5時、小倉唯さんにも夜更かししないようにとブログで釘を刺されてしまっている*6ので明日の労働に備え睡眠しておこうと思う。

結局全然城下町のダンデライオンイベントのことも小倉唯さんのことも書けていなくて「夜更かしとは…」という気持ちになってきたとてもつらい。こんな思いをするのなら小倉唯さんにお手紙を認めればよかった。

*1:本当はイベント当日に書く予定であったが、そのとき石原夏織さんのブログが更新され、「ではでは、もう眠いしみんなも明日はお仕事や学校だと思うのでゆっくり休んでください!」とあったので、ではでは、もう眠いし明日はお仕事もあるのでゆっくり休むとするか、という気持ちになりゆっくり休んでしまった。しかも月曜日は有益アニメを視聴する義務が発生するために執筆開始時点で3時半を回っている死にたい。

*2:ゆいかおりの実♪ #94 で「ゆいかおりの魅力を他の人に伝えるにはどうすれば良いですか?」という質問に対し、石原夏織さんが「しつこく言い続ける」ことを唯一の解決策として提示していたがその通りで、「小倉唯さんはいいぞ」と数年言い続けていたら知り合いがどんどんLIVEに来てくれるようになった最高

*3:カンブリア少女というソシャゲのすべての連携ツイートに #茅野愛衣 がついていて愉快だったので多用してる

*4:あいうえお作文を声優5人でやるという趣旨のコーナーがあり、テーマが「マニフェスト」だった。ヒントとして方向性を一言で示してください、みたいなことを言われたときの石原夏織さんの回答がこれ

*5:城下町のダンデライオンの国民選挙では、一位に選ばれた王族が下着姿のピンナップとして書き下ろされ国民に逆奉仕するのだ

*6:2015年10月18日のブログ|小倉 唯オフィシャルブログ「ゆいゆいティータイム」Powered by Ameba “皆さんも、スマホやパソコンが楽しいと思うけどたまには程々にして、眼も身体もしっかり休ませてあげて下さい~(^o^)”とある